ブログBlog

2019/11/11

継続は力なり

継続は力なり

11月4日の振り替え休日は、大阪は河内長野に。


独立前からお手伝いをしているので


かれこれ10年目になる「収穫祭」での日本酒の提供でした。


大阪市、高麗橋にある日本料理「高麗橋 桜花」さん主催の


生産者と消費者をつなぐことを目的としたイベント。


店主の森田龍彦さんとは大阪「山中酒の店」の直営店で


今は閉店してしまった「まゆのあな」で同時期に働いたことがきっかけで


将来を熱く語りあい


生産者と消費者をつなぐ架け橋としては


料理人も酒屋も同じだ


ということで意氣投合。


あれはもう12年前の話なのですね。


伝統的な難波野菜がほとんど揃う「門林ファーム」さんで


園主の門林さんはじめ、


大阪で唯一のブランド豚である「犬鳴ポーク」生産者の川上さんや


卵アレルギーの人も食べられる安心安全な平飼いの卵を育てる田中さんなど


多くの生産者が参加。


飲食店も高麗橋桜花さんをはじめ


大阪に店舗を構える方々が多く集い食材を大切にしてご提供されます。


ワインは自社ワインの製造も手掛けるワインショップ Fujimaruさん。


2007年に出会わせてもらってから


ワインも日本酒もお料理と一緒に楽しむものという側面が同じだと感じ


それ以降、素人ながらたくさんのワインを買って飲み、勉強しました。


日本酒の担当として、毎年呼んでくださることに感謝し


日本酒を飲んでもらうことで自然を守れる


そのことにも感謝をお伝えし


大盛況のうちに今年の収穫祭も幕を閉じました。


みなさま


ありがとうございます。


来年もどうぞよろしくお願いいたします。


日本酒王子

近藤 悠一