ブログBlog

2020/01/14

100年先の子どもたちのために

100年先の子どもたちのために

こんにちは!SAKEテンダー・駒澤です。


1月7日のクローズアップ現代+でも放送された、


https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4367/index.html


昨年の台風19号によって氾濫した千曲川の決壊現場近くにお正月に行って来ました。


私の実家から車で10分ぐらいなのです。


浸水した北陸新幹線の車両基地の近くでした。



 


災害の爪痕が未だ残るその光景は、規模は違いますが、東日本大震災直後に被災地を訪れた時の記憶と重なりました。

(息子は怖くて車から降りられませんでした。)


幸い実家は水害を免れましたが、近隣の地域は大きな被害を受け、私が通っていた中学校もかなり浸水しました。


実家はりんご農家。また、米を原料とする日本酒を扱う者としても、自然は敬うべき存在であり、その恩恵を今まで受けてきました。

個人的にもさくら酒店としても、この災害列島に真剣に向き合う使命感を持たなければならないと気持ちを新たにしました。


台風19号の際は微力ながら、オンラインショップの売上を全額寄付させていただきましたが、今後もこのような活動は続けていきたいと思います。


さくら酒店の経営理念のひとつに次の文言があります。


「日本酒を育む農業・自然を守り、100年先の子どもたちが豊かに暮らせる社会づくりに貢献しよう」


この10年はそのための重要な期間、今年はその最初の年です。


年始から刺激をいただきました。


皆さん、いい1年にしましょう!