ブログBlog

2020/01/21

出汁巻きたまごに思うこと

出汁巻きたまごに思うこと

みなさん、こんにちは!


日本酒王子の近藤です。


 


みなさんは、こんなたまごに出会ったことはありますか?


親戚一同が会した新年の酒宴のときに


生まれて初めて双子ちゃんがお皿の中に!


なんと確率は0.04%!


新年早々おめでたい瞬間でした。


 


どれだけ確率が低くても


やり続けていれば、また信念を持って行い続けることが


力となって大きな事を成す


小学校の恩師の「継続は力なり」という言葉も思い出しました。


 


去年の夏から巻き続けて50本目くらいでしょうか。


先日、ようやくある程度うまく巻けたと思えたもの。


そう、「出汁巻きたまご」です。



出汁の量、油の量、火加減、一度に流し入れる分量、返すタイミング


シンプルがゆえに、とても難しい。


 


それを感じつつ


日本酒とお料理の組み合わせも


できるだけシンプルに


それでいて分かりやすい言葉で


今後もお伝えしていこうと氣持ちを新たにしました。


 


この出汁巻きには


「津島屋外伝 契約栽培米山田錦 純米 瓶囲い」


大垣本社から北北東へ車で15分ほど行ったところ


岐阜県は本巣市にある契約農家さんで栽培された山田錦を使用。


香ばしいナッツのような香りとボリュームのある旨味


後味のキレの良さが特長的な約1年熟成の火入れ原酒です。


 


ふわふわとした出汁巻きたまごの食感を引き立てる硬質さと


平飼い玉子本来の甘さを際立たせる酒のキレが秀逸なマリアージュに。


 


みなさんもぜひ試してみてくださいね!


 


 


日本酒王子


近藤 悠一