ブログBlog

2020/03/23

カナダ人と青森・八戸酒造へ

カナダ人と青森・八戸酒造へ

こんにちは!SAKEテンダー、というか輸出担当の駒澤です。


先日、「陸奥八仙」を醸す青森県の八戸酒造さんに行ってまいりました。


今回の目的はカナダの新しいパートナー(輸入業者)のジェイさんを蔵元さんにご紹介すること。


2日前まで居たスリランカから気温差40℃か!と思いきや、暖冬は青森も例外ではなかったようで、ポカポカと過ごしやすい1日でしたw


八戸酒造さんは魚種の多いことで知られる八戸港のすぐ近く。


八戸港は日曜日になると300店ほどの露店が海岸沿いに並び、朝一が行われるそうです。中でも名物のヒラメは水揚げ高日本一。


早速、ヒラメ漬け丼をごちそうになりました(^^)



八戸酒造さんは1775年に創業。蔵は国の有形文化財にも指定されており、漆喰土蔵と赤レンガ蔵が連なった風景は町のシンボルとして親しまれてきました。



9年前の大震災では間一髪のところで津波を免れたそうです。


この日は専務の駒井さんに蔵の歴史や酒造りのこだわりなどを伺った後、実際の製造現場を見学させていただき、最後はテイスティングでカナダへ輸出するお酒を決めてまいりました。



八戸酒造さんは青森原産の米だけを使う、まさに青森のザ・地酒。それなのに、ラインナップは本当に多種多彩で、季節商品も入れると30種類ぐらいはあります。


ワイン酵母やビール酵母を使った日本酒もあり、驚きの連続でした。


カナダだけではなく、国内の皆様にもお届けできるよう、頑張りますね!


最後は地元の食材と陸奥八仙のペアリング(^^♪