ブログBlog

2020/03/26

岐阜の地酒と絶品割烹 マリアージュ会【射美編】

岐阜の地酒と絶品割烹 マリアージュ会【射美編】

「日本イベント企画株式会社」さんからご依頼を受けて行った


「中山道17宿歩き旅」の春のプログラム


『日本酒王子×岐阜の地酒と絶品割烹-マリアージュ会-』


このプログラムの目玉だったのが


岐阜県大野町で醸されている『日本一小さな酒蔵』という


大垣ケーブルテレビさんが制作した番組で一躍注目を浴びて


飲みたくてもなかなか飲めない幻の酒『射美』。


 


蒸し物「赤いかぶらの蕪蒸し」とまずは合わせました。



岐阜市の蕪、本巣市の赤大根、各務原市の銀杏


奥美濃の古地鶏、大垣の山葵


という組み合わせでオール岐阜!


「とろみと甘みがほかのお酒にはない特長ですね!」


「甘いけど、キリっと最後は切れてくれますね」


山葵の辛さとの相性がよかったのと、蕪のかかった餡との食感の近さ


また鶏の濃厚な旨味を受け止めてくれたこともよかったです。


 



お食事は「つるむらさきのおうどん」


ここまでかなり旨味の強い濃厚なお料理が多かっただけに


さっぱりとした生姜と葱の組み合わせでつるっと行っちゃいました。


 


そして最後はお変わり自由にさせていただいた射美とともに


射美の酒粕を使ったアイスクリームと濃姫いちご。


ぎゅっとしぼっていないので射美の酒粕は香りもジューシーさも


スーパーで売っている酒粕とは全く別物です。


長い余韻に浸ることができたプログラムでした。


 


アンケートも取らせていただいたのですが


みなさま遠くは碧南市や下呂市、滋賀の草津市からお越しくださり


「またぜひ来たい」


「日本酒おまかせ便申し込みます!」


と仰ってもらえて心からやってよかったと思いました。


 


新型コロナウィルスの影響でイベントは今は難しい状況ですが


必ず継続して行いますので


次回ご案内できる日を楽しみにしててくださいね。


 


日本酒王子


近藤 悠一