ブログBlog

2020/07/06

Makuake 蔵元紹介③(動画あり)-TOKI-ROMAN(天領盃酒造)-

Makuake 蔵元紹介③(動画あり)-TOKI-ROMAN(天領盃酒造)-

こんにちは、さくら酒店の駒澤です。

本日は蔵元紹介の第③弾、佐渡の天領盃酒造さんをご紹介いたします。


全国最年少蔵元として一躍有名になった加登さんとは異業種交流会を通じてお会いし、彼が造った処女作からお取引を始めさせていただきました。

まだ粗削りで危なっかしいw若い蔵元ですが、なぜか応援したくなる気持ちにさせてくれるんですよね。


そんな蔵元の想いを今日も日本酒王子が代弁してくれます!


▼マイナス5℃の氷温庫から「天領盃酒造」を語ります!(動画)

https://youtu.be/8Y-MI_nk-0o


また、蔵元の加登さんについては、SAKETIMESさんが良い記事を書かれていますので、こちらもご紹介させていただきます。


▼SAKETIMES「理想を求めて酒蔵を買収した全国最年少蔵元!」

https://jp.sake-times.com/knowledge/sakagura/sake_g_tenryohai-2018


さて、今回リターンでお届けするこの「THE REBIRTH(リバース)」という銘柄。

過去に終売してしまったお酒の復刻版という意味なのです。

かつて天領盃酒造には「朱鷺浪漫(ときろまん)」という、トキとの共存をテーマにしたお酒がありました。

それを現代の嗜好にアレンジするため、地元・佐渡の子供たちが普段食べているお米「こしいぶき」を100%使用し、加登さんが初めて自ら培養した酵母で醸しました。

トキのように世界に羽ばたく佐渡の子供たちを支援し、またいつか佐渡のために戻ってきてくれることを願い、利益の一部を「佐渡市の子供達の活動」に寄付しています。

このお酒を生原酒のままマイナス5℃で約8ヶ月間熟成させ、コース3ヶ月目の2020年10月に皆様の元にお届けいたします。


なお、天領盃酒造にはこの「THE REBIRTH」の他に2つのブランドがあります。

一つは昔からある「天領盃」、もう一つは加登さんが自ら立ち上げた「雅楽代(うたしろ) 」です。


現在さくら酒店のオンラインショップではどちらも販売しておりますので、THE REBIRTHとの飲み比べも面白いかもしれませんね。

(もちろんすべてマイナス5℃で保管しています♪)


▼天領盃 純米 中取り 生 1800ml 蔵元曰く「今季最高の出来!」

https://sakurasaketen.com/post-4617/


▼雅楽代(うたしろ) 花明かり 生 1800ml 特に飲食店さんから高評価の限定酒!

https://sakurasaketen.com/post-3356/


本日は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!