ブログBlog

2020/08/05

【「吉田類の酒場放浪記」で「戦勝政宗」が紹介されました!】(再放送)

【「吉田類の酒場放浪記」で「戦勝政宗」が紹介されました!】(再放送)

こんにちは!WEB担当の大角です。


8月3日に放送された「吉田類の酒場放浪記」で、


宮城の日本酒「戦勝政宗」が紹介され、ご注文が急に増えております!


ということで、本日は「戦勝政宗」とはどんな日本酒なのかをご紹介していきます!


 


○蔵元


宮城県の創業1688年の勝山酒造によって醸されます。


仙台藩伊達家御用蔵として現存する唯一の酒蔵で、日本酒の醸造のみならず、


伊達家800年の歴史と伝統を次世代に繋ぐことを使命としています。


 


○戦勝政宗とは?


勝山の限定流通銘柄で、ラベルは伊達軍の軍旗をモチーフにし、


伊達家御用酒として「仙台を象徴する酒」を目指すことを表しています。


仙台の米と水を使い、仙台のテロワールを反映させた最高の純米酒を醸すことが


戦勝政宗のコンセプトです。


 


○銘柄の由来


勝色(かちいろ)に黄金の日の丸を掲げた伊達軍の軍旗をラベルに用い、


伊達な心意気と仙台を代表する酒でありたいという願いから命名しました。


 


○受賞歴も素晴らしい!


戦勝政宗という銘柄には、特別純米・純米吟醸・純米大吟醸と三種類がございますが、


その中でも特別純米は、SAKE COMPETITION 2012 蔵元審査部門 第1位、


KURA MASTER 2017 プラチナ賞受賞と、素晴らしい受賞歴を持っています!


 


○味わい


・戦勝政宗 特別純米 (クリア・リッチ)


仙台を代表する地米「ひとめぼれ」を100%使い、ふくよかで弾力のあるボディに仕上げています。


穏やかなバニラのような香りと透明感のある凝縮された旨みが特長です!


詳細はこちら▶︎https://sakurasaketen.com/post-810/


*特別純米のみ720mlもございます。


 


・戦勝政宗 純米吟醸 (フルーティ・ソフト・リッチ)


仙台産のお米を駆使し、なめらかな旨みと綺麗な酸で抜群の口当たりとふくらみを表現。濃醇ながらも透き通った味わいで優しく飲み手を包み込みます。


詳細はこちら▶︎https://sakurasaketen.com/post-816/


 


・戦勝政宗 純米大吟醸 (フルーティ・ソフト・リッチ)


仙台産の山田錦を100%使用。メロンを思わせるエレガントな香り、ふくらみのある厚めのボディと引き締まった酸が、凛とした気品を与えています。透明感のある香味が様々な料理と素敵な調和を生み出します。


詳細はこちら▶︎https://sakurasaketen.com/post-818/


 


ちなみに吉田類さんは番組の中で「特別純米」を飲まれていました^^


ぜひ晩酌のお供にどうぞ♪