ブログBlog

2022/03/29

【3月の「日本酒おまかせ便-酒標-」をご紹介!】

【3月の「日本酒おまかせ便-酒標-」をご紹介!】

こんにちは!WEB担当の大角です。


本日は、今月お届けした日本酒おまかせ便の内容をご紹介します^^


今回は、ピチピチと舌先を刺激するフレッシュなガス感の酒を醸す寒紅梅酒造さんからお選びしました!


かつては梅酒が主力商品だった寒紅梅酒造。現専務で6代目の増田昭弘さんが、年齢を重ねるにつれ大好きだったビールが進まなくなり日本酒を好んで飲むようになったことが日本酒造りに本格的に乗り出すきっかけだったそうです!


元「東一」の勝木慶一郎さんに酒造りを学んだことで、今ではJAL国際線ファーストクラスのラウンジ(成田・羽田)にもオンリストされるなどの実績を残されています!


 


「日本酒おまかせ便-酒標-」の詳細はこちら!


▶︎  https://colorme-repeat.jp/8/2c65cae9/sakeshirube


 


【マイナス5℃熟成コース おつまみ付き】


「寒紅梅 -5℃熟成 Prototype(プロトタイプ)-J」


Prototypeは「原型」の意。Jは使用酵母である「十四号酵母」のイニシャルを指しています。搾りたてをそのまま瓶に直汲みし、発酵時に出る天然の炭酸ガスまで封じ込め、マイナス5℃で約8か月熟成させました。野イチゴを思わせる爽やかな香りと、口に含んだ瞬間にみずみずしく広がる上品な旨み。後味を引き締めるキレの良さも兼ね備え、熟成によって深みも加わった贅沢な味わいです。


 


【今月の無添加おつまみ】


「揚げもちミックス塩味(南勢糧穀)」


三重県伊勢市の穀物問屋が届けるナチュラルフード。米油だけでカラッと揚げた5種類の揚げもちは、三重県産のもち米を100%使用し、海苔・黒ごま・よもぎ・紫蘇・生姜の5つの味を生地に練りこみ、塩だけで味付けしました。それぞれの素材の味わいが感じられるシンプルな塩味が嬉しい。


「地物一番」の名前に違わず、三重県のこだわり食材を使用した揚げもちは、寒紅梅のシュワっとしたガス感と好相性。ついつい手が伸びます。


 


「日本酒おまかせ便-酒標-」の詳細はこちら!


▶︎  https://colorme-repeat.jp/8/2c65cae9/sakeshirube