株式会社桑原酒場

島根県益田市中 代表銘柄:「扶桑鶴」

「扶桑鶴」醸造元
明治36年創業。日本で唯一、支流も含めて一切ダムのない一級河川である高津川系の水脈を使い、熟練杜氏の教えを受けた30代の若手が中心になって酒造りを行っています。お燗で美味しい食中酒を得意とし、肩ひじ張らずに飲み続けられるラインナップが魅力的です。

株式会社桑原酒場について

蔵元名 株式会社桑原酒場
所在地 島根県益田市中
代表銘柄 「扶桑鶴」
銘柄の由来 「扶桑」とは中国の古い伝説で東海の日出る所にあるという神木、またはその土地を指し、日本の古称。日本を代表する酒として鶴のように羽ばたきたいという思いを込めて「扶桑鶴」と命名されました。
関連タグ:

    現在カテゴリーはございません。

蔵元一覧へ戻る