蔵元紹介Brewery

株式会社みいの寿

「酒造りは科学とセンスと情熱だ!をモットーに、
科学と伝統の両方面からのアプローチが得意な実力派の蔵元です。

株式会社みいの寿

早くに杜氏制を廃止し、兄弟で酒造りを行なっており、
最新の醸造理論を用いた香り高いお酒から、伝統的な山廃仕込みまで
商品のラインナップの幅が非常に広いのが特徴です。

株式会社みいの寿

全国新酒鑑評会の連続金賞はもとより、
レベルが高いことで知られる福岡国税局主催酒類鑑評会でも金賞の常連となり、
福岡県知事賞にも輝いています。

株式会社みいの寿

今注目されている福岡の酒蔵勢を引っ張るリーダー的な役割を担う井上氏。
「日本酒の未来は明るい!」と笑顔で話す。

株式会社みいの寿のおすすめ商品

株式会社みいの寿について

蔵元名 株式会社みいの寿
所在地 福岡県三井郡
代表銘柄 三井の寿(みいのことぶき)
歴史・環境 「酒造りは科学とセンスと情熱だ!」をモットーに、科学と伝統の両方面からのアプローチが得意な実力派の蔵元です。早くに杜氏制を廃止し、兄弟で酒造りを行っており、最新の醸造理論を用いた香り高いお酒から、伝統的な山廃仕込みまで商品ラインナップの幅が非常に広いのが特徴です。全国新酒鑑評会の連続金賞はもとより、レベルが高いことで知られる福岡国税局主催酒類鑑評会(福岡・長崎・佐賀3県の酒造技術者による合同きき酒会)でも金賞の常連となり、今注目されている福岡の酒蔵勢を引っ張るリーダー的な役割を担っています。
主な受賞歴 2014年、「三井の寿 大吟醸」が全国新酒鑑評会で金賞受賞。
2016年、「三井の寿 純米大吟醸 斗瓶取り」がパーカーポイント91点を獲得。
2017年、「三井の寿 純米吟醸 芳吟」が福岡県酒類鑑評会で県知事賞、International Wine Challenge (IWC) で銀賞受賞。
一覧ページへ