蔵元紹介Brewery

御代桜醸造株式会社

蔵の立つ岐阜県美濃加茂市は江戸時代、
中山道の太田宿という宿場町として栄えており、
創業家の先祖は愛知県の津島から移り住んで「津島屋」というだんご茶屋を営んでいました。

御代桜醸造株式会社

造り酒屋としての創業は明治26年。
日本人の心という意味を持つ銘柄「御代櫻」の醸造元として、
120年以上の歴史を有します。
先代社長は元美濃加茂市長と、してもご活躍されました。

御代桜醸造株式会社

2012年に誕生した新ブランド・津島屋。
だんご茶屋として、人々に癒しを届けていた当時の想い、
「希薄になりつつある絆を大切にし、ヒトとヒトを繋ぎ、飲むヒトを笑顔にする酒でありたい」
との願いが込められています。

御代桜醸造株式会社

29歳の若さで蔵を継いだ昭和51年生まれの6代目社長・渡邊博栄氏(左)と、
25歳で杜氏に抜擢された昭和50年生まれの酒向博昭氏(右)。
この二人によって、「津島屋」が生まれました。

御代桜醸造株式会社のおすすめ商品

御代桜醸造株式会社について

蔵元名 御代桜醸造株式会社
所在地 岐阜県美濃加茂市
代表銘柄 津島屋(つしまや)、御代櫻(みよざくら)
銘柄の由来 岐阜県美濃加茂市は江戸時代、中山道の太田宿という宿場町として栄えており、創業家の先祖は愛知県の津島から移り住んで「津島屋」というだんご茶屋を営んでいました。行き交う人々に癒しを届けていた当時を想い、「現代の希薄になりつつある絆を大切にし、ヒトとヒトを繋ぎ、飲むヒトを笑顔にする酒でありたい」との願いを込め命名されました。
歴史・環境 29歳の若さで蔵を継いだ昭和51年生まれの6代目社長・渡邉博栄氏と、25歳で杜氏に抜擢された昭和50年生まれの酒向(さこう)博昭氏が、2012年に立ち上げた限定銘柄「津島屋」で人気急上昇中の蔵。その注目度の高さにスター性を感じます。 創業は明治26年。日本人の心という意味を持つ「御代櫻」の醸造元として120年以上の歴史を有し、先代社長は元美濃加茂市長としても活躍されました。清らかな流れで「日本ライン」の別名を持つ木曽川の伏流水と、希少な契約栽培米を使って少量のみ醸す「津島屋」は、日本酒の限りない可能性への挑戦と、酒が結ぶ御縁への感謝の気持ちを表しています。
一覧ページへ