オンラインショップLineup

  • 望 辛口純米 とちぎの星 1800ml 【栃木県】

    価格:3,135(税込)

    大嘗祭(だいじょうさい)の献上米に選ばれた「とちぎの星」を100%使用!

    栃木県産のお米「とちぎの星」を全量使用、しっかりとした旨みを出すために低精米にしています。協会11号酵母特有のリンゴ酸により、後味はキリっと締まり、盃が進みます。様々な温度帯で楽しめ、特に味の濃い料理との相性は抜群です。令和元年11月の大嘗祭で使用される「とちぎの星」を100%使用。 「望」は、爪先立って遠くに目をやること。明日の日本酒への挑戦として立ち上げた新コンセプトのブランドです。ルビの「bo:」は「buono(美味しい)」という意味にも。ラベルの書は、墨の魔術師と呼ばれ、東洋の伝統的書法である“墨”芸術の書を基盤として、最もそれを現代的に表現できる日本でも唯一の作家・金田石城氏によるもの。

  • 日輪田 山廃純米 ひやおろし 1800ml 【宮城県】

    価格:3,080(税込)

    秋に味わいのピークが来るよう調整されたついつい飲み進めてしまうひやおろし!

    酒の元になる液体(酒母)の中に自然界の乳酸菌を取り込んで乳酸を生成させる山廃造りは、得てして濃醇な味に仕上がる傾向があります。重たくて飲みづらいと苦手意識を持っている飲み手も少なくありません。そんなイメージを払拭してくれるのが、実に山廃だけを造っているこの「日輪田」ブランドです。軽快な飲み口から広がる優しい米の旨味と、心地良い酸味が引き立てるボディバランスの良さ。味わいの軸がぶれず、輪郭がくっきり表現されているため、飲み進めても中だるみせず、ついつい盃を重ねてしまいます。秋口に出荷される特別タンクで仕込んだ「ひやおろし」は、濾過・火入れのタイミングや貯蔵温度を通常のものと変え、秋に味わいのピークが来るよう調整しています。

  • 【新米新酒】あたごのまつ 純米吟醸 ささら おりがらみ 本生 720ml 【宮城県】

    価格:1,650(税込)

    最速の新米新酒!上品な甘みと溌剌としたフレッシュ感!

    今秋にいち早く収穫された富山県産「五百万石」一等米を100%使用した新米新酒。心地よいバナナのような香りが漂い、上品な甘みと溌剌(はつらつ)とした搾りたてならではのフレッシュ感が駆け抜けます。開けたての初々しさから2~3日すると甘みが増してきてジューシーな味わいへと変貌します。

  • 【新米新酒】あたごのまつ 純米吟醸 ささら おりがらみ 本生 1800ml 【宮城県】

    価格:3,190(税込)

    最速の新米新酒!上品な甘みと溌剌としたフレッシュ感!

    今秋にいち早く収穫された富山県産「五百万石」一等米を100%使用した新米新酒。心地よいバナナのような香りが漂い、上品な甘みと溌剌(はつらつ)とした搾りたてならではのフレッシュ感が駆け抜けます。開けたての初々しさから2~3日すると甘みが増してきてジューシーな味わいへと変貌します。

  • 作 穂乃智 純米 720ml 【三重県】

    価格:1,540(税込)

    【数量わずか】SAKE COMPETITION 2017 純米酒部門 第1位獲得!

    日本一を決める日本酒審査会・SAKE COMPETITION 2017の純米酒部門で見事第一位を獲得!「作」の純米3部作(酵母違い)の中でも香味のバランスが最も優れたタイプです。ライチを思わせる心地良い果実香と穏やかな甘みのアタック、後味の軽やかさも相まってバランスの良さが光ります。酒名の通り、飲み手に安らぎを与えるような優しい米の味わいを表現しています。 銘柄は「造る人だけでなく、飲む人やそれを提供する人たち、出会った皆で作り上げる酒」との想いから「作」(ざく)と命名。「穂」は豊かに実った稲穂を表し、同時に安らぎと安堵を感じさせる音でもあります。「智」は内山智広杜氏の名前から一字を取りました。