オンラインショップLineup

伯楽星 純米大吟醸 社下久米(やしろしもくめ)産山田錦 29%精米 720ml 【宮城県】

価格:5,500(税込)

【ギフトにおすすめ】兵庫県の特A地区の中でも、社下久米地区の山田錦(特上米)だけを29%まで精米!

山田錦の原産地・兵庫県の特A地区の中でも、社下久米地区の山田錦(特上米)だけを使用した、伯楽星の新商品です。自社精米で29%まで磨きあげた透明度の高いその液体は、バナナやメロン、いちごを想わせる上品な果実香に包まれつつも、すっとあと切れの良い潔いシャープさも兼ね備えています。冷蔵庫でよく冷やしてから、ワイングラスで食事の前半にお楽しみください。
「伯楽」とは中国の故事にある馬の目利きのこと。蔵の地元の三本木には伯楽が育てた馬が天に上ったという伝説があり、それが「伯楽星」の由来になりました。お客様に品質を見抜いていただきたいという想いも込められています。
※ギフトの際は、「ギフト包装」という商品もカートに入れてご注文ください。


【蔵元紹介】
創業1873年。「究極の食中酒」をテーマに、食を引き立てる名脇役を目指す蔵元です。五代目の新澤巖夫氏は、大学在学中より数々のきき酒大会で優勝するなど卓越した味覚の持ち主で、宮城県初の自社杜氏にして宮城県最年少杜氏(当時)として廃業に傾いていた蔵を再建させました。しかし、2011年の東日本大震災で蔵は全壊してしまいます。それでも新澤氏の不撓不屈の精神と彼を慕う蔵人と大勢のボランティアの助けにより、仕込み蔵(製造部)を柴田郡川崎町に移転、同年中に奇跡の復活を遂げました。2016年には日本最大の利き酒審査会「SAKE COMPETITION」にて「あたごのまつ」が第一位を獲得し、見事日本一に輝きました。ラインナップとしては、新澤氏が自ら立ち上げた「伯楽星」のほか、地元に根差した「あたごのまつ」、限定流通で「残響」、「愛宕の桜」、「飛龍」などがあります。

蔵元 株式会社新澤醸造店(本社: 宮城県大崎市三本木、醸造蔵: 宮城県柴田郡川崎町)
容量 720ml
アルコール度数 16%
使用米 山田錦(兵庫県社下久米産 特上米))
精米歩合 29%
おすすめの温度 5-10℃
おすすめの酒器 縁の薄い大ぶりのワイングラス
相性の良い料理 生牡蠣、
白身魚のお造り、
ヴィシソワーズ、
スモークチーズなど軽めの前菜に。

または食前酒として乾杯に。
一覧ページへ