COMPANY

ただお酒を届けるのではない。
その先にあるお客様の笑顔。世界中の人たちの笑顔。
そして、日本酒を育む自然と社会を守り、                      
一〇〇年先の子供たちの笑顔を創出します。

日本一、日本酒で
おもしろいことをする
酒屋に!

私たちについて

さくら酒店は、東西の日本酒の名店で修行を重ねた二人が立ち上げた、「店舗を持たない日本酒専門店」です。

  • 信頼

    RELIABILTY

    造り手の想いを飲み手に伝える“橋渡し”が私たちの役目です。その中には販売だけでなく、国や自治体、大使館等との協業や社会貢献活動も含まれます。これらはすべて信頼関係の上に成り立っています。

  • イノベーション

    INNOVATION

    「日本酒の当たり前を変える」が私たちのコアバリューです。先人たちが築き上げてきた「古き良き」を残しながらも、日本酒の新しい価値観を創造し、提供します。

  • 成長

    GROWTH

    さくら酒店は2013年創業のスタートアップ企業です。コロナ禍でも右肩上がりの成長を続けてきました。これからも皆様から必要とされる、100年続く企業を目指して走り続けます。

企業理念

日本酒で あなたの笑顔 つくります

経営理念

  • 理念 1

    伝統的(Traditional)でありながら国際的(International)な価値観の創造・発展のために、新しいことに挑戦する勇氣を持とう

  • 理念 2

    日本の文化に誇りを持ち、
    世界中に幸せのワ(輪・和)を広げる仕事をしよう

  • 理念 3

    日本酒を育む農業・自然を守り、
    100年先の子どもたちが豊かに暮らせる社会づくりに貢献しよう

さくら酒店の誕生

きっかけは海外から日本を見たこと。二人の海外留学がすべての始まりでした。

出会いは大学時代
多くのことを気づかされた留学の経験

二人は大学の同級生。それも同じ学部で飲み友達。一緒に日本酒バーでアルバイトをしたことで、日本酒の世界にのめり込んでいきました。
同時に海外にも興味を持ち始め、大学4年時にはそれぞれ別々の国に留学。しかしそこで二人を待っていたのは、日本のことを知らない自分たちの姿でした。
気付かせてくれたのは、アジアや中東から来ていた留学生たち。彼らは自分たちの国を誇らしげに語り、事あるごとにこんな質問を二人にぶつけてきたのです。

「日本はどんな国?」

しかし、それに答えられない二人。日本人なのに日本のことを語れない、恥ずかしい自分たちの姿がそこにはありました。

日本の文化を学び直し、
それを世界に届けたい。

そんな想いが帰国した二人の中に沸き起こりました。そして数ある日本文化の中から二人が選んだのは、やはり大好きな「日本酒」でした。
日本には日本人ですら知らない素晴らしい日本酒がたくさんある。それを世界に広めることで、日本人にもその良さを再認識してもらえるのでは。それがひいては、日本人としての誇りにも繋がっていくのでは。

「そういう仕事を一緒にしよう!」

そう誓った二人は、東西を代表する日本酒専門店の門を叩き、それぞれの店で修業。そして約束を交わしてからちょうど10年後の2013年に、さくら酒店を起業しました。

日本酒を通して世界中の人たちを笑顔に。

そのために全国の酒蔵を訪ね、造り手の顔が見えるこだわりの日本酒だけを扱うと決めました。
ただお酒を売るのではなく、その背景にあるストーリー、価値観を届けること。それを世界に発信すること。そんな想いで活動を続けてきました。

そしてこの想いに共感する仲間も加わりました。今は全員リモートワークですが、皆で積極的にアイデアを出し合い、日本酒を通した様々なプロジェクトやオリジナル日本酒の開発にも取り組んでいます。

日本酒と日本の未来のために。
日本一、日本酒でおもしろいことをする酒屋を目指します。

Episode1
Episode2
Episode3

社名の由来

私たちが留学から帰国した後、一番安らぎを感じたのは桜を見た瞬間でした。桜には日本人のアイデンティティを掻き立てる力がある。そんな日本人が愛してやまない桜のように、日本酒で世界中の人たちを笑顔にしたい、そんな想いから「さくら酒店」と命名しました。

動画でわかるさくら酒店

役員紹介

代表取締役社長

近藤 悠一 Yuichi Kondo

1980年、岐阜県大垣市生まれ。
金沢大学在学中、ニューヨーク州立大学バッファロー挍へ1年間派遣留学。 日本人としてのアイデンティティを強く感じさせられ、日本文化において最も好きな日本酒を専門とする酒屋になることを決意。
大学卒業後、何より営業力をつけるために商品先物取引業者に3年間勤務。
2007年、日本酒専門店・山中酒の店(大阪)に入社。直営飲食店のホールから始まり、配達・営業を経て店長に就任。
2013年、生まれ故郷の大垣に戻り、駒澤と「さくら酒店」を立ち上げる。
「日本酒王子」としてマリアージュのイベント企画開催、法人様向け営業、人事労務などを担当し、YouTubeチャンネルをはじめSNSでの日本酒の発信に力を注いでいる。

代表取締役

駒澤 健 Takeshi Komazawa

1980年、長野県長野市生まれ。
長野オリンピックをきっかけに海外に憧れを抱くようになる。 金沢大学在学中、オーストラリア国立大学に1年間交換留学。各国の留学生たちから刺激を受け、日本文化を世界に発信する仕事をしようと決意。大好きな日本酒の道を選ぶ。
大学卒業後、まずは日本酒以外のお酒の勉強が必要だ(それも海外で!)と考え、 香港のショットバー・遊ZENに入社し、バーテンダーに。カクテルとシングルモルトを覚える。
2007年に帰国し、㈱はせがわ酒店(東京)に入社。複数の店舗に勤務した後、関連会社の㈱アイコーポレーションに転籍し、日本酒の卸し、輸出、商品開発などに携わった。
2013年、近藤と共に㈱さくら酒店を立ち上げ。現在は東京オフィスで、輸出を始め、会社の業務全体を見ている。
酒と料理と子育てが趣味の2児の父。

スタッフ紹介

  • WEB事業部 主任

    大角 昌弘 Masahiro Osumi

    大学時代、アメリカ・オハイオ州への留学から帰国した際に、改めて日本文化の素晴らしさを実感。その後、バイト先の和食屋で日本酒のおいしさに初めて驚愕する。新卒ではコールセンター業務を経験した後、さくら酒店に転職。輸出業務を経て、WEB担当に移行。オンラインショップの立ち上げ・グロース、WEBコンテンツの企画・作成、LP制作の主導など、幅広く従事。日本酒以外ではビールとワイン、漫画が大好き。

  • WEB事業部

    古澤 歩 Ayumi Furusawa

    外国語短大を卒業後、大手メーカーに就職。その後、2ヶ国でワーキングホリデーを経験し、海外のリゾート施設、旅行代理店などに勤務した。帰国後はゲストハウス運営と観光地巡りや日本酒のインバウンド向けツアーガイドの仕事を楽しんでいたところ、コロナ禍に突入。日本文化と海外の両方に携われることがしたいと思っていたところ、さくら酒店にご縁があり入社。WEB事業部に所属。日本酒以外では、海外旅行、ワイン、読書が大好き。

  • 輸出事業部

    赤木 和也 Akagi Kazuya

    高校を卒業後、ホテルやブライダル業界で海外のお客様の対応も経験。その後、英語を身につけるため、アメリカのニューヨーク州へ留学し短期大学を卒業。アメリカ留学中、日本酒を専門に出しているお店や日本食を好む方が多いことに驚くとともに、日本酒に関わる仕事に就きたいと漠然と考える。帰国後は営業やマーケティング職を経て、さくら酒店の輸出事業部に入社。プライベートではアウトドアや旅行が好き。

  • 輸出事業部

    大野 渚 Nagisa Ono

    高校卒業後、カナダのトロントへ3年間留学。帰国後は英語力を活かせる仕事を探し、電子部品メーカーや再エネ企業に勤務。美味しい!と思える日本酒に出会ったことがきっかけで日本酒好きに。祖父母が酒屋を経営していた過去もあり、「お酒に関わる仕事がしたい」「日本の良さを発信したい」という思いのもとさくら酒店へ転職。担当は輸出業務。好きなことは、酒器や器を集めること、旅行、クラフトビール。

さくら酒店の沿革

  • 2013

    2013年4月

    株式会社さくら酒店を開業。

  • 2014

    2014年9月

    全国商工会連合会主催の海外販路開拓支援の輸出業務を担当。全国の蔵元の国際展示会への出品を支援。

  • 2016

    2016年7月

    在日フランス大使館主催のフランス革命記念日祝賀レセプションで日本酒を振る舞う(3 年連続)。乾杯時の鏡開きも担当。

  • 2020

    2020年5月

    「マイナス5℃熟成日本酒」のクラウドファンディングを実施。675%のファンドを達成し、コロナ禍の蔵元を支援。

  • 2022

    2022年3月

    ウクライナ人道支援チャリティー日本酒「SAVE UKRAINE」を発売。売上金の全額を日本赤十字社「ウクライナ人道危機救援金」に寄付。

  • 2022

    2022年11月〜12月

    火災によって本社・倉庫の大部分を焼失。 復興に向けたクラウドファンディングを実施し、1484万円のご支援をいただく。

会社概要

商号 株式会社さくら酒店
代表 近藤 悠一 ・ 駒澤 健
本社 〒503-0002 岐阜県大垣市開発町3-183
TEL: 0584-74-7812
FAX: 050-3173-2120
東京オフィス 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-36-1 INFINITY IKEBUKURO 6階 C-45
 TEL: 03-6161-6325
名古屋オフィス 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-2-1 広小路伏見中駒ビル5F-64
 TEL: 0584-74-7812
EMAIL info@sakurasaketen.com
創業 2013年4月5日(清明の日)
事業内容 日本酒の販売(小売・卸売・輸出)、日本酒オリジナル商品の企画・開発、日本酒イベントの企画・運営
国内取引先 全国の飲食店様、企業様
輸出先 香港、台湾、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、フィリピン、カナダ、ドイツ、スイス、オーストリア、チェコ、スウェーデン、オーストラリアなど
取引銀行 みずほ銀行、商工中金、東京三協信用金庫、大垣共立銀行